WEBデザイナーが派遣で働くには?

WEBデザイナーが派遣として働くのは、他の雇用形態と比べてどうなのでしょうか。
ここではWEBデザイナーの派遣の働き方について、仕事内容、時給(月収)、仕事例等から考察していきます。
これから派遣で働こうと考えているWEBデザイナーの参考になればと思います。

派遣のWEBデザイナーの仕事内容

一般的に派遣のWEBデザイナーの仕事内容は以下のものが多いです。

  • Photoshopを使ったWEBサイトデザイン
  • LP制作
  • UI/UX設計
  • HTML/CSSを使ったコーディング
  • jQueryの組み込み
  • WordPressでのwebサイト作成/カスタマイズ
  • WEBサイトの更新作業

以上のどれか、もしくは複数の仕事を担当することになります。

派遣のWEBデザイナーになるためのスキル

WEBデザイナーの仕事は、大きく「デザイン」と「コーディング」に分けられます。
デザインとコーディングの両方のスキルがあることが望ましいですが、コーディングスキルは求められない場合もあります。
逆にデザインができてコーディングができない人は、コーダーと呼ばれる仕事が向いています。
上記の「派遣のWEBデザイナーの仕事内容」のうち、どれか一つでもできるスキルを持っていれば派遣の仕事を見つけることは可能です。
多くの求人から仕事を選べるようにするためにも、できるだけ多くのスキルを身に着けておいたほうが良いでしょう。

WEBデザイナーのスキル

未経験から派遣のWEBデザイナーになるには?

派遣WEBデザイナーは1年以上の実務経験を求められることが多いですが、場合によっては実務経験がなくてもOKな求人もあります。
例えばグラフィックデザイナーとしての実務経験があってPhotoshopでバナーやキービジュアルを作成できるような人は、WEBデザイナーとして実務経験がなくても十分仕事を見つけることができるでしょう。
また、デザイナーとして実務経験がない場合も、デザインスクールを卒業したり、自分でWEBサイトを作ることができれば、派遣の仕事は見つけられます。
特に実務未経験の人は仕事の実績がないわけですから、ポートフォリオをしっかりと作成して、自分がどのようなスキルを持っていて、どういった制作物を作れるのかを明確にしておけば、紹介してもらえる仕事も増えていきます。
まずは、できるだけたくさんのWEBサイトやデザインを作って、時間をかけてでもポートフォリオを完成させることをおすすめします。

派遣WEBデザイナーの案件例

ECサイトのデザイン/コーディング

作業内容
  • バナーの作成や画像加工
  • キャンペーンページのデザイン
要求スキル/必要経験
  • HPコーディング経験
  • レスポンシブサイト作成経験
時給
  • 2,000円~

旅行サイトの制作・運用

作業内容
  • サイト全体のデザイン
  • コーディング作業
要求スキル/必要経験
  • Web制作実務経験3年以上
  • UI/UXデザインの経験
時給
  • 2,100円~

自社Webページ作成業務

作業内容
  • キャンペーンサイトデザイン
  • バナーのデザイン制作
要求スキル/必要経験
  • Photoshopでのデザイン経験
  • バナー作成経験
時給
  • 1,700円~

デザイン制作業務

作業内容
  • スマートフォンアプリのデザイン
  • キービジュアルやLP制作
要求スキル/必要経験
  • LPデザイン経験
  • アプリのデザイン実務経験
時給
  • 2,600円~

派遣WEBデザイナーの平均時給

派遣WEBデザイナーの時給をいろいろな派遣会社の求人で調べてみると、1,300円〜3,000円程度のものが多く見られました。
スキルレベルでいうと、スクール卒レベルで1,500円程度、実務経験3年で2,000円程度が目安になってくるのではないでしょうか。
レスポンシブやスマホのコーディング、jQueryの組み込み等、プラスアルファのスキルがあれば、高い時給も期待できます。

WEBデザイン

正社員との年収比較

派遣WEBデザイナーの年収を正社員と比較してみます。
もちろんスキルや案件によって時給は大きく変わりますが、ここでは時給2,000円で計算してみます。

時給2,000円で1日8時間、月20日働いた場合の年収は
2000(円)✕8(時間)20(日)✕12(月)=384万円になります。
WEBデザイナーは、実務経験3年程度あれば、派遣でも384万円の年収を稼げることも期待できます。

正社員 派遣
およそ380万円 384万円程度
(時給2,000円の場合)

正社員の平均年収と時給2,000円の派遣はほぼ同じような年収になります。
ただ残業がある場合、派遣だと必ず残業代は支払われますが、正社員だと​みなし残業やサービス残業で給料にプラスされない場合もあります。
もちろん正社員としてキャリアアップしていくのも良いですが、残業が多いのに給料が安いという人は転職や派遣として働く選択肢も持っておいたほうが良いでしょう。

派遣のWEBデザイナーして働くことのメリット

派遣のWEBデザイナーで働くことのメリットとしては、

  • 残業代が必ず出る
  • 紹介予定派遣の場合、正社員になることもできる
  • 週3日や16時までなど、働く時間を調整できる
  • 正社員より大手企業で働きやすい

といったことが挙げられます。

WEBデザイナーにおすすめな派遣会社

パーソルテクノロジースタッフ

パーソルテクノロジースタッフ

パーソルテクノロジースタッフはWEBデザイナーやプログラマーに強い派遣会社です。派遣求人の数と質はもちろん、2019年4月から、全ての案件で通勤交通費を支給していることも魅力です。

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓
エンジニア派遣の「パーソルテクノロジースタッフ」

マンパワー

マンパワー

マンパワーは登録スタッフ満足度96%を誇る、世界最大級の人材派遣会社です。非公開求人や独自の求人案件も多数あるので、案件紹介だけでもしてもらう価値はあります。1分で登録完了できます!

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓
ITエンジニア・WEBの派遣なら世界最大級のマンパワーグループ

フリーランスのWEBデザイナーとの比較

WEBデザイナーはフリーランスになったほうが良い?にも書いていますが、WEBデザイナーはフリーランスの仕事もたくさんあります。
生活スタイルやWEBデザイナーとしてのスキル、キャリアプランによっても変わってきますが、フリーランスのWEBデザイナーもメリットがたくさんあります。
一般的にはある程度(実務経験3年以上)のスキルがあればフリーランスになることをおすすめします。