アプリケーションエンジニアが派遣で働くには?

アプリケーションエンジニアが派遣として働くのは、他の雇用形態と比べてどうなのでしょうか。
ここではアプリケーションエンジニアの派遣の働き方について、仕事内容、時給(月収)、仕事例等から考察していきます。
派遣のアプリケーションエンジニアで働くことを考えているは参考にしてみてください。

派遣のアプリケーションエンジニアの仕事内容

アプリケーションエンジニアの仕事内容は、スマホ以外にも「WEBアプリ」や企業内の業務またはサービスのシステムを担う「業務系アプリ」も含まれます。
派遣だとiOSやAndroidアプリ以外にもECサイト向けの案件も多く見られます。
専門的なスキルが必要で開発環境も求人によって変わるので、ほとんどが長期案件になります。

派遣のアプリケーションエンジニアになるためのスキル

アプリケーションエンジニアは、SwiftやJava、C、PHP、Rubyといったアプリ開発に使われるプログラム言語を実務レベルで書けるスキルが求められます。
アプリケーションエンジニアに関しては、派遣と言っても求められるスキルは非常に高いです。
さらにサーバーやセキュリティーの知見も必要になってくる求人も多いので、実務経験がある人もスキルレベルが低い人は、紹介してもらえる求人は少ないかもしれません。

アプリケーションエンジニア イメージ

未経験から派遣のアプリケーションエンジニアになるには?

アプリケーションエンジニアは、ほとんどの求人で実務経験を求められます。
実務経験3年程度が基準となるでしょう。(実務経験5年というものもあります)
ですので、全くの未経験の場合、派遣での仕事に入るのはなかなか難しく、むしろ正社員やアルバイト等で実務経験を積んでいくのが堅実な方法です。
ただ、独学でプログラミングを勉強して自分でアプリ開発を行っているエンジニアに関しては、それらのアプリをポートフォリオにまとめて派遣会社に提出すれば、求人を紹介してもらえることもあるでしょう。

アプリケーションエンジニアの派遣案件例

ECサイト向けWEBアプリ開発

作業内容
  • WEBアプリシステムの新規開発
  • 既存システム改修業務
要求スキル/必要経験
  • WEBアプリ開発経験
  • クライアントサイドのアプリ構築経験
時給
  • 4,000円

インフラ部門のネットワーク

作業内容
  • NW構成図の作成
  • パラメータ整備
要求スキル/必要経験
  • ネットワ-クテスト経験
  • ネットワ-ク構築経験
時給
  • 2,500円

コンシューマ向けサービスの機能開発

作業内容
  • Javaを用いてのシステム設計
  • Javaを用いてのシステム開発
要求スキル/必要経験
  • フルスタックでの開発経験
  • JavaScriptの開発経験
時給
  • 4,200円

チケットシステムの開発

作業内容
  • システムの開発
  • 運用作業
要求スキル/必要経験
  • Java、PHP、Ruby、Pythonでの開発
  • Linux、UNIXに関する知識
時給
  • 3,300円

システム連携API開発案件

作業内容
  • API開発
  • NW機器の設定/構築/試験作業
要求スキル/必要経験
  • ネットワ-ク構築全般
  • ネットワ-ク設計全般
時給
  • 2,100円

フロントエンド開発

作業内容
  • スマホ用Webアプリケーション開発
  • APIサーバーと接続したシステム開発
要求スキル/必要経験
  • JavaScriptを用いた開発経験
  • React.jsを用いた開発経験
時給
  • 3,800円

派遣のアプリケーションエンジニアの平均時給

派遣のアプリケーションエンジニアは要求スキルも高いですが、その分時給も高いものも多いです。
派遣のアプリケーションエンジニアの時給をいろいろな派遣会社の求人で調べてみると、2,500円〜4,500円程度の範囲のものが多く見られました。
4,000円以上のものも珍しくなく、エンジニアの派遣の中でもトップレベルに時給が高い印象があります。
一番多く見られる時給は、3,000円程度のものです。

正社員との年収比較

派遣のアプリケーションエンジニアの年収を正社員と比較してみます。
もちろんスキルや仕事内容によって時給は変わりますが、上記の案件例を参考にここでは時給3,200円で計算してみます。

時給3,200円で1日8時間、月20日働いた場合の年収は
3200(円)✕8(時間)20(日)✕12(月)=614万円になります。
おおよその平均時給で換算すると、アプリケーションエンジニアは派遣だと614万円の年収を稼げることになります。

正社員 派遣
およそ549万円 614万円程度
(時給3,200円の場合)

時給を3,200円とするとおよそ614万円の年収になり、アプリケーションエンジニアを徹底解剖!仕事内容や平均年収は?で調べた正社員の平均年収549万円よりは高くなる数字がでました。

派遣のアプリケーションエンジニアとして働くことのメリット

  • 時給が高く、正社員よりも稼げることもある
  • 40歳以上でも仕事に入りやすい
  • いろいろな求人に入ることでスキルアップがしやすい
  • 正社員と比べて残業がない、もしくは少ない求人が多い
  • 自分の好きな仕事に就きやすい

アプリケーションエンジニアにおすすめな派遣会社

パーソルテクノロジースタッフ

パーソルテクノロジースタッフ

パーソルテクノロジースタッフはアプリケーションエンジニアの求人をたくさん保有しています。2019年4月から、全ての案件で通勤交通費を支給していることもおすすめです。

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓
エンジニア派遣の「パーソルテクノロジースタッフ」

ITスタッフィング

ITスタッフィング

ITスタッフィングは、リクルートが運営するエンジニア専門の派遣求人紹介サービスで、エンジニアの派遣求人数及び派遣の質ともに業界トップクラスです。アプリケーションエンジニアの派遣を探しているなら登録しておきたいサービスです。
↓↓↓公式サイト↓↓↓
ITスタッフィング

フリーランスのアプリケーションエンジニアとの比較

フリーランスのアプリケーションエンジニアと比較した場合、年収(報酬)はフリーランス案件のほうが圧倒的に多いです。
派遣でもかなりのスキルを求められるので、スキルのある人はフリーランスになったほうが稼げるかもしれません。
ただ、フリーランスだと年金や保険はすべて自己負担になるので、そういった金額も考慮する必要があります。

フリーランスについては、こちらにも記事を書きましたので参考にしてください。
»アプリケーションエンジニアはフリーランスになったほうが良い?