ネットワークエンジニアを徹底解剖!仕事内容や平均年収は?

ネットワークエンジニアはどういう職業なのでしょうか。ここではネットワークエンジニアの仕事内容や将来性、平均年収などを徹底調査しています。
これからネットワークエンジニアになろうと思っている人、ネットワークエンジニアとして働いているが転職を考えている人の参考になればと思います。

ネットワークエンジニアとは

ネットワークエンジニアとは、コンピュータネットワークにおけるシステムの構築、および保守管理などを行う技術者を指します。
昨今、多くの人が何気なくインターネットを用いてデータのやり取りを行っていますが、常に快適に使えるように通信環境を構築し、保守管理するのがネットワークエンジニアです。
広義では、データの受け渡しの基盤となるインフラに関する業務を請け負うのがネットワークエンジニアと言うこともできます。

ネットワークエンジニアの将来性は?

ネットワーク技術は今やどの企業にとっても非常に重要であり、ライフラインと言っても過言ではないです。
既に構築された設備を保守管理するだけでもネットワークエンジニアの仕事はたくさんありますから、職業そのものが失われることはありません。
むしろ、不正アクセス対策や膨大なデータ通信によるトラフィック解消等、保守管理の面でも新たな仕事が産まれています。

ネットワークエンジニア イメージ

ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアの仕事は主に3に大別され、それぞれ工程として分けられています。
はじめの工程はネットワーク設計と呼ばれ、ここでは各種OS、サーバーなど様々な機器を用いて、どのような機能で実現していくのか等、ネットワーク全体の方針を決定します。
次の工程では、ネットワーク設計で作成された基本設計書を元に、実際にネットワークを構築していきます。
主な業務は機器の設置で、製品に正しいラベルを張り付けたり、ケーブルの敷設を行ったりします。
その後、回線のテストを行い、通信の正常性を確かめ、構築したネットワークが設計通りの動作をしているかチェックします。
最後の工程はネットワークの運用で、PCの増減に合わせてネットワーク構成を変更したり、各種敷設機器のアップデート、アカウントの管理等、稼働しているネットワークを安全に利用できるようメンテナンスするのが主な業務です。
運用していくうえで見直すべき点が見つかれば、再構築するなどしてより使いやすいネットワークへと作り直すこともあります。

ネットワークエンジニアになるには

ネットワークエンジニアは、主にハードウェアに関する知識をはじめ、電気通信設備やコンピュータの基本設計等、幅広く専門的な知識を求められます。
未経験の状態から独学で勉強してネットワークエンジニアを目指すこともできますが、企業の求人等を鑑みてもあまり現実的とは言えません。
可能であれば、専門学校やスクール等でIT関連の学習を行っておけば、より就職に有利となります。
また、ネットワークエンジニアになるために必要な資格等はありませんが、取得しておくことで自身の知識やスキルの証明となるものがあります。
また、未経験からでも以下のスクールを受講すると就職率は90%以上です。
20代限定ですが、完全無料で就職支援までしてもらえるのでおすすめです。

ネットワークエンジニアになるためのおすすめスクール

ネットワークエンジニアはここ数年人手不足という現状があるので、20代であれば無料で通えるスクールもあります。
未経験からでも完全無料でスクールに通えて就職支援までしてもらえることもできます。
場所は都内になりますが、ネットワークエンジニア向けの特おすすめの無料スクールを2つ紹介します。

ネットビジョンアカデミー

ネットビジョンアカデミー

ネットビジョンアカデミーは、在学中にネットワークエンジニアの就職に有利な資格(CCNA)も取得できます。約2ヶ月で未経験からでも就職まで持っていくこともできるので、フリーターだけどITエンジニアになりたい人と思っている人にはおすすめです。無料のシェアハウスもあるので地方の方も受講可能です。
【ネットビジョンアカデミー】

ITCE Academy

ITCE Academy

ITCE Academyも完全無料でサーバー・ネットワークを学ぶことができます。研修後の企業への内定率は94%という数字がでているので本気でITエンジニアになりたい人はここでみっちり1ヶ月学ぶのも良いと思います。
ITCE Academy

ネットワークエンジニアの平均年収

正社員のインフラエンジニアになるとどれくらい稼げるのでしょうか。
インフラエンジニアの平均年収を記載しているいくつかのサイトから数字を引用しています。
各サイトの平均年収をさらに平均することで、より偏りのない現実に近い数字が出せるようにしています。
インフラエンジニアといってもスキルや経験によって年収は大きく変わりますが、一般的におおよそどれくらいの金額を稼げているのかを判断する一つの指標にしてもらえばと思います。

マイナビエージェント 455万円
給料bank 449~591万円
転職会議 470万円
全体平均 493万円

ネットワークエンジニアの平均年収はおよそ493万円という数字がでました。
それぞれのサイトでおおよそ500万円前後の数字で、インフラエンジニア(サーバーエンジニア)を徹底解剖!仕事内容や平均年収は?でもご紹介したインフラエンジニアの平均年収が503万円であることを考えても、納得できる数字です。

お金 イメージ

ネットワークエンジニアがキャリアアップするには?

ネットワークエンジニアがキャリアアップにはゼネラリストとスペシャリスト、2つの進路があります。
ゼネラリストとは、WEBサービスや情報システムに関する全般的な知識を持ち合わせた管理職を指します。
ゼネラリストに求められるのはバランスの取れた能力であり、卓越した技術はむしろ後述するスペシャリスト向けであると言えます。
スペシャリストは、ネットワーク技術に卓越した人の事を指し、ゼネラリストが対応できない高度な案件を適切に処理する能力が求められます。
スペシャリストを目指すには、今いる企業内のことだけではなく、他社で採用しているネットワークや新しい技術も常に取り入れていくことが求められます。

ネットワークエンジニアが仕事を見つけるには?

ネットワークエンジニアがが仕事を見つける方法としては、未経験でしたら上記のおすすめスクールを受講して就職先を紹介してもらうのも良いでしょう。
経験者でしたら、転職サイトと転職エージェントを併用する方法が、より自分の希望にあった転職先を見つけることができます。

ネットワークエンジニアにおすすめな転職エージェント

マイナビAGENT×IT

マイナビAGENT×IT

マイナビAGENT×ITはIT・Web業界専門の転職エージェントです。ネットワークエンジニアの案件も多く、キャリアアドバイザーの評判が良いのでキャリアプランを相談するにも最適です。

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓
マイナビエージェントIT

レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアは業界大手のレバテックが運営する転職エージェントです。IT系のベンチャーの求人に強く、プログラマーやネットワークエンジニアの求人も幅広くあるので、登録しておきたいエージェントです。
↓↓↓公式サイト↓↓↓
レバテックキャリア

ネットワークエンジニアはフリーランスに向いている?

ネットワークエンジニアはフリーランスの報酬が高めに設定されていることも多いので、フリーランス向きの職種といえます。
実務経験がある人はどのようなフリーランス案件があるのかチェックしてみてはいかがでしょうか。
詳しくは下記のページにも書きましたので参考にしてください。
»インフラエンジニア(サーバーエンジニア)はフリーランスになったほうが良い?

ネットワークエンジニアの派遣は?

ネットワークエンジニアは派遣の求人も多くあり、派遣で働くのほうが残業等を気にしなくていい場合が多くあります。
自分の時間を大切にしたいエンジニアは派遣の働き方も検討してみると良いです。
詳しくはこちらのページでも書いているので是非参考にしてください。